2021年1月 大使からの新年メッセージ 

駐ベトナム社会主義共和国

日本国特命全権大使
山田 滝雄

ベトナム日本商工会議所の皆様、明けましておめでとうございます。駐ベトナム日本国大使の山田滝雄です。本年もよろしくお願いいたします。

この場をお借りして、昨年のベトナムの状況、日越関係、商工会議所の活動について振り返るとともに、2021年の期待について述べたいと思います。

一つ目に、昨年は、歴史に残る困難な年でした。新型コロナウイルス感染症のまん延、それに伴う世界経済の急激な落ち込みなど、様々な難しい問題が発生し、世界に緊張が走りました。

一方、ベトナムの状況を振り返ると、ベトナムで活動する我々は、幸せと言えました。それは、ベトナムでは、政府指導部の優れた危機管理能力が功を奏し、新型コロナウイルスの抑え込みと、経済再生の両立に成功したからです。昨年、ベトナムの経済成長率は、2.91%を記録しましたが、日本を含め、諸外国の経済成長率が軒並みマイナスとなる中、これは驚異的な成果と言えます。そういった意味で、2020年は非常に厳しい一年でしたが、一方で、世界におけるベトナムのプロファイル、期待値は、より高まりました。

二つ目に、日越関係について振り返ります。コロナ禍にもかかわらず、日本とベトナムの関係は、一段と深まった年でした。昨年1月、茂木外務大臣、高市総務大臣(当時)がベトナムを訪問したことに続き、二階俊博自民党幹事長が1,000人の交流団を率いて、ダナン市を訪問しました。

そして、10月には、菅義偉総理大臣が就任後初めての外国訪問先として、ベトナムを訪問しました。ベトナム側は、菅総理を熱烈に歓迎して下さり、滞在中、両首脳は、首脳会談をはじめとして5回にわたる接点を持ちました。この訪問を通じて、両国の首脳レベルで信頼感を醸成することができたことは大きな成果でした。菅総理がベトナムを選ばれたのは、ベトナムの新型コロナ制圧、経済の活気、そして、企業の皆様の投資意欲の高さや活発な事業活動がその背景にあると私は思います。菅総理の訪越は、日本がベトナムをいかに重要視しているかを、雄弁に物語る出来事でした。

三つ目に、商工会議所の活動について振り返ります。昨年は、商工会議所にとっても異例の年でした。コロナ禍でベトナムへの渡航が困難となる中、商工会議所3団体が協力し、駐在員とその家族、合計1,000人を超える日本人のベトナムへの渡航を支援しました。また、それが先鞭となり、昨年4月以降、ベトナムに渡航した日本人は合計4,500人ほどとなりました。改めまして、商工会議所の皆さまのご尽力にお礼を申し上げます。

また、昨年、コロナ禍での経済再生を目指すベトナム政府は、外国投資の誘致活動を熱心に展開し、商工会議所も、それに積極的に応えられました。9月、商工会議所の皆さまの全面的なご協力の下、フック首相と日本企業の協議会が開催されました。10月には、日越首脳会談の文書交換式において、日本企業のベトナム投資に関するMOU等、12件の文書が交換されました。また、11月には、Meet Japan 2020が開催され、多数のベトナムの地方省市が、日本企業との交流を求めて参加しました。そして、12月には、日越共同イニシアティブのプレキックオフ会合が開催され、各ワーキングチームの活動方針について議論が交わされたほか、日本企業の皆様から、ベトナムへの投資拡大についてスピーチを頂戴しました。同じく12月、マイ・ティエン・ズン官房長官と日本企業の協議会を開催することができました。これらの行事の開催に当たり、商工会議所の皆さまから多大なご協力を頂戴したことについて、改めてお礼を申し上げます。

そして、2021年はどのような年になるのか、それはまだ分かりません。現在、世界における新型コロナウイルス感染症の流行は、収まるところを見せておりません。また、日本でも緊急事態宣言が発出され、残念ながら、日本とベトナムの渡航にも、影響が生じています。そういう厳しい状況ではありますが、ベトナムにおいては、フック首相が6.5%の経済成長予想を示しています。また、サプライチェーンのグローバルなシフトの中で、ベトナムは益々選ばれる国になってきていると感じています。その意味で、今年はさらにベトナムのプロファイルが高まっていくと思われますし、日越関係もさらに大きく飛躍する年になると期待しています。

また、少し先の話になりますが、2023年は、日越外交関係樹立50周年の記念の年になります。ポストコロナになるであろう、その年には、今よりさらにダイナミックで、大きな可能性を秘めた日越関係をお祝いする、記念の年にできればと思います。是非、2018年の日越外交関係樹立45周年と同様に、又はそれ以上に、商工会議所の皆さまのご協力をお願いします。

最後になりますが、日越関係の更なる飛躍、本年の皆様のご多幸を心からお祝いし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

2021年1月